【スロット】ベテラン設定師が質問に答えてくれました。

以前の記事で、スロットの設定師の方への質問を募集し、それに答えて頂きましたので、順番にご紹介していきます。

もうねー、スロットやってる人だったら本当に面白いというか、私自身も設定を組んでいますが、私の設定決めなんて明らかなお遊びですね。話が本当に深くて、面白いです。設定師って謎に包まれている不思議な世界の出来事ですが、そんな世界をちょっとだけ味わわせて頂きました。

スロットはやらないパチンコ専門のユーザーでも、勉強になる部分があると思うので、ぜひご覧になってください。

スポンサーリンク


 

設定師のご紹介

i320

設定師Aさん

業界歴15年以上のベテラン設定師Aさん

設定師の他にも、新台の評価・選定・撤去機種の選定・配置など、営業に関わる全てのアドバイスにも対応しており、コンサル的な要素の仕事も担当しているこの道のプロフェッショナルの方。

全国に担当ホールを抱え、日々各地のホールで業務を行っているそうです。

 

設定師への質問と回答

1、高設定投入率の高い機種について

設定⑤⑥に限定するならばバジリスク絆、北斗強敵、番長2、沖ドキ、ジャグラー、30パイ等でしょうか?

 

2、土日でもそれを使用しますか?

これについては、店舗・法人毎に考え方が違うので、一概には言えませんが、特定日や出玉を見せたい日に土日が該当すれば当然高設定も投入します。ただ、比率でいえば特定日でも抑え目にするホールもありますので、多くはありません。

 

3、スロット規制後に設定の使い方は変化しますか?

これは大きくあると言っておきます。これまで新台にはほとんど設定を使っていなかったホールでも、初日から幅広く設定を使ってみたり、新基準機の出玉性能が低くなっている前提で、全国的に設定のベースは上がっています。

 

4、Aタイプメインの店で、曜日で見た時に、熱い日などはありますか?

これは難しいですが、地方郊外の滞留時間の長い店舗・客層では敢えて土日などの集客しやすい日に熱くする場合があります。あまり曜日で固定しているところは少ないように思います。どちらかと言えば、5の付く日などの固定の方が多いように思います。

 

5、店舗幹部と設定師の決定的な考え方の違いはなんですか?

全部とはいいませんが、やはりプレイヤーよりの目線か、経営者よりの目線か。これに尽きると思います。設定師は現場に近い立場ですので、どうしてもお客様目線や思考を重視します。ファンを増やしたい思いが強いです。逆に店舗幹部になれば、会社の経営を考えなければなりません。お客様をふやしたい気持ちと会社の経営をスムーズに行う為の利益確保のせめぎあいです。オーナーから利益最優先といわれれば抵抗できない事情もありますし、難しいですね。

 

6、オーナーとのやり取りはどのくらいですか?

基本、毎日店長さんや設定担当の方と打ち合わせが必要です。毎日の調整が計画とバッチリ合うことも少ないので、修正の為の打ちあわせがメインです。オーナーとの打ち合わせは月に1~2回程度でしょうか。会社全体の打ちあわせがメインです。半年後、1年後にどうしたいのか?どこに向かっているのか?常に確認しながら現場との乖離を少なくしようと努力します。オーナーにもいろいろなアドバイスをしますが、最後にはオーナーが決めますから、限られた中で最大限の努力をします。

 

7、業界に入ったキッカケは?

自分の場合、たまたまです。現在の代表と出会って、こんな職業があるのか、とビックリしたものです。釘師が昔からあるのは知ってましたが設定師とは。スロット打つ方なら、必ずやってみたい仕事の一つですね。やはり、プレーヤーとのカケキヒが魅力の職業です。今後は設定が使いやすくなります、ますます重要度が高まります。設定師をやってみたいという方が増えてほしいと願ってます。

 

8、常連様を意識して設定を掴ませたりしますか?

これは難しいですが、私個人的には意識しません。普段から店内を回っているスタッフなら、この気持ちは必ず芽生えます。ですので、私の場合はあえてその気持ちを外します。後々問題になる可能性もありますし。ホール・設定師によってはそういったことを意識するホールもあるようですが、基本は公平に誰でも勝つチャンスを与えるといった考え方をしますので、偏った調整もしません。その変わり、どの台も月間を通して同じような割になるような調整を目指しています。

 

9、設定を入れる時に気にすることは?

多くのホールでは、設定変更挙動は気にします。罠にハメるといった目的ではありません。先ほどの解答の通り、少しでも公平に遊べるようにとの思いからです。あと、見栄えは気にします。どこの台、機種が箱を積んでいれば一番出玉感や店の信用度に繋がるか。通路からまったく見えない台ばかりが積んでても何も感じづ退店する可能性もありますし、朝一の変更挙動がまったく感じられないホールではお客様の期待値もまったく変わりますしね。

 

10、ずばり、弱小店舗が稼働を上げるには?

これは答えがありませんが、私がやるのはオーナーの説得からです。 これが出来なければ、何にもできません。弱小店舗になった理由が必ずどこかにあるはずですので、まずはそこを治さなければ店もよくなりません。弱小店舗になった理由が往々にしてオーナーさんが原因と言う事があります(;´∀`)店長もスタッフも何のモチベーションもなく、ただ働いているだけ。みたいな店舗では、どうにもなりません。赤字垂れ流すだけなら、閉店をオススメします。それでも頑張る!と言うオーナーさんであれば、まずは粗利を抑える事、抑えるために経費の節減をすること。これが出来ないと、設定は入りません。それと設定が入っていることを伝えるツールの強化からですね。ネタを作って、集客して、出玉で還元。の繰り返ししかありません。店の信用・信頼度を上げる作業は半端なく大変です。プレイヤーは出玉でしか店舗を見ていませんから、その出玉を魅せるタイミングやボリュームの調整が難しいですね。集客のためのツールも必要ですので、半年~1年スパンで弱小店舗の再生を目指します。機種構成の整理も大事です。

 

11、設定の仕様頻度を多い順に並べてください。

① ③ ② ④ ⑥ ⑤

機種によって、その比率は大きく変わるので、一概には言えませんが、現行の機種構成・台数比率で見ると、概ねこのようなイメージです。Aタイプは奇数が多く、AT系は偶数が多いですね。

 

総評

私自身、会社人として店舗の発展の為に設定を考えてきた訳ですが、設定師様ややはり自分の為、会社の為、強いては業界全体の為に設定を考えているといった印象です。本当にすごすぎですね。立場が違うとはいえ、ここまで考えて仕事をしている方は素直にすごいと思います。

それとやはり、スロットが新基準機に移り変わっていく中で、設定への注目も大きくなっている傾向があります。そもそもの出玉性能が抑えられた機種が多い中、店が出玉を見せようと思った時にやはり設定のことを考えるということですね。

まあ、もちろん設定への考え方は店によって違うので、そこらへんはいろんなことを考慮してということになります。

 

どうでしたでしょうか?

また質問がありましたら、私も設定師Aさんもお答えしたいと思うので、ぜひお気軽にご質問して頂いて結構です。

 

最後になりましたが、設定師A様、本当にありがとうございました。


関連記事



他のパチンコブログは
↓コチラから!
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村

ご意見・ご質問も歓迎しています。
↓お気軽にご連絡くださいませ↓
レオンにメールする


スポンサーリンク