ゴト行為に対するパチンコ店の考え方と、その対策

パチンコ店とゴト師は長年、イタチごっこを繰り返してきた訳ですが、最近はそんなに大胆なゴトという行為も聞かなくなってきました。パチンコの台自体は規制強化の圧力を受け、出玉がどんどん抑えられてきている一方、パチンコ店のゴトへの対策はどんどん強化されています。ゴト師にとってはリスクが増えているだけで、リターンは少なくなってきている。そうなるとやる人も減っているのが現状かと思います。

しかし、そうは言っても、やはり無くなりはしないのが実態。私の会社でも、月に一度くらいはどこかしらのグループ店でゴト行為が発生しております。

では、そんなゴト行為に対して、店はどう考えて、どのような対処をしているのか。説明していきます。

スポンサーリンク



 

ゴト行為に対する店の考え方

これに関してはコンビニでいう万引きと同じような考え方です。

正当な遊び方で遊戯して、玉をいっぱい出してもらう分にはまったく問題ありません。(嬉しくはないですが)しかし、不当なことをして玉を出されたとなるとこれは問題です。よく店長が言うのは、

「その分の玉を他のお客様から頂かないといけなくなるだろ。」

ということです。

すなわち、ゴト行為を許してしまうということは、不当なことをしている人が得をして、正当なことをしている人が損をするということになり、それはもちろん、店の信用に関わって来てしまいます。

また、1件のゴトを許してしまうと、ゴトがし易い店というレッテルが張られ、他のゴト師も参入して来かねません。1件たりとも発生させてはダメだということですね。

 

ゴトに対する店の対策

ゴト師の手口も年々進化しておりますので、ホールの知識だけでは追いつけないのが現状です。

業界には、ゴト対策専門の会社というのが多く存在しており、大概のパチンコ店はそういった会社に依頼して、ゴト対策をしてもらっているというのが現状かと考えられます。

例えばこういった会社ですね。

新台入替の度に対策会社の社員が来て、対策部品を付けていくのが主流ではないでしょうか。

 

対策部品に関しては、簡単なモノからちょっとした機械的なものまで、様々です。

例えばこれ。

as-n1_after

 

台の裏側にある主要な基板にプラスチックのカバーをかけ、外部からの操作を遮断するようなモノなのですが、手作り感満載で誰でも作れてしまいそうですね。しかし、列記としたゴト対策の部品です。

 

次にこれ

PF-2RN-2

 

スロットの電波ゴト対策の部品らしいです。外部からの電波を感知するとデータランプにエラーが出るような仕組みになっております。

同じような形のモノで、振動を検知するような機械もよく使われているかと思います。主にハネモノなどで、台を叩く人の対策用ですね。台自体にも振動検知機能はついているのですが、感度が弱いので、もっと感度を強くしたモノがついているホールも多いのではないでしょうか。

 

ゴト対策を担当する会社は、こういったように、様々なゴト対策部品の取り付けに加え、ゴトの形跡がないかを1台1台チェックしたりします。スロットなどでよくあるのが、台の扉にちょっとした開けられたような跡がついていたりします。そうすると、どんな手口でゴトをされたのか、追及を行い、更なる対策を講じるということです。

 

ゴトの種類

実際にあるゴトの種類として、パチンコで大当たりを誘発するといったものや、確変を連荘させる、スロットでは電波で設定を6にするといった夢のようなゴトも存在しているようですが、実際に現場で一番多いのが、ハネモノの台パンとか、磁石とか、簡単な手口が多いです。

最近は新台のペースが非常に速いので、ゴト師もゴトの研究開発が大変かと思われます。

誰でも簡単にできる、磁石とかどつきが手軽でいいんでしょうね。

 

ゴト対策最新事情

こういったように、日々進化するゴトへの対策に関してですが、ホール側も基本的にいろんな対策を講じています。

例えば、磁石ゴトに対しては、磁石センサーをつけたり、明らかにスタート値が高くなるとインカムに台番とエラーの音声が流れるようになっています。

磁石ゴトなどは大概すぐにバレマス。

また、最近は顔認証システムを導入している法人も増えてきているのではないでしょうか。

顔認証システムは以前の記事で詳しく解説しておりますので、ご参考にしてください。

簡単に説明すると、ゴトを始め、悪いことをする人物を発見すると、顔認証システムに登録して、その人物が再度来店した際にすぐにわかるようにするということです。犯人が特定されると、その顔データはグループ店でも共有できるので、その店以外のグループ店に来店してもすぐにわかります。

これが普及したら、ゴト師はたまったもんじゃないと思います。

すぐに逮捕ですね(;一_一)

 

ゴトまとめ

パチンコが、ある以上、ゴト行為も後を絶ちません。やはり、その機械を攻略したいという人間の欲求みたいなものがゴト師を奮い立たせるのでしょうか。

しかし、この記事で説明したように、店側としても、様々な手法でゴトを対策しているので、やはり悪いことはしないというのが一番になるのではないでしょうか。

ましてや、顔認証のカメラや、ホールコンで管理されているパチンコ店ですので、単純なゴトは大半が封じられているといった現状ではないでしょうか。

ゴトは酷い場合たと逮捕といったケースもあるようなので、これを読んでくださっている方も、パチンコを純粋に全うに楽しんで頂きたいと思います。よろしくお願いします。


関連記事



他のパチンコブログは
↓コチラから!
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村

ご意見・ご質問も歓迎しています。
↓お気軽にご連絡くださいませ↓
レオンにメールする


スポンサーリンク