パチンコ店ギャル店員のオパーイを触ったおっさんの話

私は、今まで多くの人物を出禁にしてきた。

店に迷惑を掛ける客、店員に迷惑を掛ける客、他のお客様に迷惑を掛ける客。

大抵は口頭での注意のみなのだが、度が過ぎると、本格的に念書を書いてもらい、出禁にしないといけない。

しかし、出禁対応なんていうのはハッキリ言って、面倒なだけで本当はしたくない。

念書とか書かせたり、写真とったり、会社に報告したりグループ店に共有する手間を考えると、本当に気が重い。

中でも一番めんどくさいのは、店員にセクハラをしてくるヤツの対応だ。



47560809_414x636

ハッキリ言って、パチンコ店においてセクハラはよくある。おっさんが女性店員の肩を叩いたり、腰に手を回したり、コーヒーレディーの手を触ったり。

こういったのは、いちいち出禁になんかしないのだが、被害を受けた女性店員が騒ぐと話は別。他のお客様と従業員への見せしめの為にも出禁にしなければ自分や会社のメンツが立たなくなる。

大したことないセクハラなのに、出禁対応になってしまう訳である。

私としては非常に面倒なのだ。いちいち騒ぐな!と思う。

 

特に先日なんかは、ギャル店員が、オパーイを触られたといって騒ぎ出した。

ギャルというのは得てして大げさである。

監視カメラで事実確認をしたところ、おっさんが狭い通路を通る際に腕を胸の当たりに押し当てた程度であったが、ギャルが騒ぎ出した為、出禁にせざるを得なくなってしまった。

私から言わせれば、ギャルはセクハラを騒ぐ前に、自分のメイクを直せという話なのである。

アイシャドウは薄くしろ。濃い口紅を使うな。目じりに線を引くな。ゼブラの服で出勤するな。お前は享楽か!

前々からチョクチョク注意しているのだが、一向に直そうとしない。どうやらそれは、彼女のポリシーらしい。

【ポリシー】

これもギャルにありがちな思考である。ポリシーを持つのはいいが、プライベートでだけにして欲しい。もしあなたが社長や店長なら好きなだけポリシーを持って、好きなだけ部下を振り回してもいいが、アルバイトである限り、ポリシーなんて言葉を口にしなくていいという話だ。

 

結局私は、どうでもいいおっさんを従業員用の休憩所に呼び出し、念書を書かせ、写真を撮り、会社に報告。

本当にどうでもよかった。

私はむしろ、おっさんではなくギャル店員に念書を書かせてやりたかった。

念書

 

私の濃い化粧と、建前を知らない横暴な言動は、著しく職場の風紀を乱し、多くのスタッフとお客様に多大な損失をもたらした為、本日限りで自己の身なりと行動を改めます。

            ギャル店員  ㊞

スポンサーリンク


 

出禁というのは、必ずしも店側が希望してやるものではなく、不本意な出禁対応も事実として存在している。代表的なのは、他のお客様に示しがつかないという理由で出禁にする場合など。店員としては来て欲しい客であっても、一度の過ちで、店に来られなくなってしまう。もちろん、一般のお客様からすれば、出禁なんていうのは縁のない話しなのだが、あなたが行っているホールでも、こういった対応は存在している。

例え、相手が、尻の軽そうなギャル店員であっても、その店に今後も通いたいと思っているのであれば、セクハラなどはしてはいけないということである。

17697907


関連記事



他のパチンコブログは
↓コチラから!
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村

ご意見・ご質問も歓迎しています。
↓お気軽にご連絡くださいませ↓
レオンにメールする


スポンサーリンク