【速報】釘曲げに関する規制強化に関して

以前の記事でお伝えしましたが、遊技産業健全化推進機構による、パチンコ店の釘調整に関しての取締り強化がいよいよ始まりました。

遊技機性能調査開始について』(遊技通信web)

2015年6月より試験的に調査開始し、2015年12月を過ぎたら、本格的に運用開始。実際に指摘されたホールは行政処分の対象となります。

スポンサーリンク

 

釘調整の取り締まり強化というと、具体的には、特別入賞口(フロック)への入賞やスタートの大げさな回しすぎや締めすぎ。アタッカーやスルーの大げさな調整がその調査対象となります。

 

【速報】

6月より取締りが始まり、実際に都内のホール数店舗で調査が実施されたとの報告を受けています。実際に取締りが始まっており、圧度もかなり本格的なものと考えられます。

コチラの調査が発表された際は、どの程度本気で行われるのか、不透明な部分が大きかったのですが、これだけ早く動いてくるということで、警視庁側もかなり本気で取り組んでくると思われます。もはや、違法な釘調整をしているホールは潰れても当然といった感覚で調査をしてきていますね。

 

ホール側の動向

12月までは検査に引っかかっても指示処分のみということではありますが、12月以降は本当に行政処分となるだけに、パチンコホール側としても完全に無視できない状況になってきました。

また、調査は都内から優先して行われている模様ですので、関東圏内の大型ホールや地域で有名なホールは特に釘調整は本来のゲージに戻していると考えられます。

もちろん、釘調整に関して、全台を一気に調整はできませんので、実際には1週間くらいかけて徐々に戻しているのではないでしょうか。

本来のゲージより、見た目で明らかに曲がっているような釘は元に戻さなければなりません。

 

地域によってはまだ未対策??

逆に、地方のホールはどうなのかというと、まだ未対策のホールも多く存在するのではないでしょうか。

実際に基ゲージに戻すとなると、パチンコ店にとっては利益を圧迫してしまうケースもあります。例えば、大当たりの出玉を削っているホールは多くありますが、それを基に戻すと、1日の粗利が100万円とか変わってしまうホールもあると考えられます。

死活問題ですね( ゚Д゚)

 

では、そういったホールが、どのタイミングで釘を元に戻してくるかというと、『競合店が動いたら』という基準で考えているホールが多いと思います。

調査の優先順位は、もちろん、地域で目立っているホールほど優先されるので、釘調整に関しては地域で一番目立っているホールがまず動く。次に2番目、3番目と動いてくると考えられます。

まあ、実際に調査が本格化されたら、そんなこともいってられないとは思いますが。

 

まとめますと、調査に関して、本格的に始まっている現状があり、大きいホールほど、実際に釘調整を正常化してきていると考えられます。もし、この調査が本格化されたら、処分対象となるホールも出てくると思います。

パチンコやスロットの規制強化も年末に控えてますので、来年くらいには本格的に業界が変革する可能性も大きくあるということです。いろんな意味で注目していかなければなりません。


関連記事



他のパチンコブログは
↓コチラから!
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村

ご意見・ご質問も歓迎しています。
↓お気軽にご連絡くださいませ↓
レオンにメールする


スポンサーリンク