大海ブラック 予習とねらい目

umi-black.jpg.pagespeed.ce.T2L4J1NOVw

 

待望の海物語シリーズの最新作。【マックス】【ライト】が同時に導入するということですので、好みにあったマリンちゃんで存分に遊べます。

7月6日に導入予定です。

スペックと狙い目についてパチンコ店の役職者がお教えします。

 

スポンサーリンク


 

スペック

  マックスタイプ ライトタイプ
大当確立 1/399(1/67.8) 1/199(1/40.2)
賞球数 3&2&10&15 3&2&10&13
ラウンド 16or8ラウンド 16or8or4ラウンド
ST回数 101回(100%) 51回(100%)
継続期待度 77.7% 72.3%
平均継続 4.48回 3.61回
平均獲得 6050個 2940個

 

 

大当たり振り分け 

 【マックス】

16ラウンド50% 約1800個

8ラウンド50% 約900個

 

【ライト】

16ラウンド25% 約1530個

8ラウンド37.5% 約765個

4ラウンド37.5% 約380個

 

 1002 e26oさんの動画です。

youtubeに動画がありましたので、載せてみます。

演出は大海3をベースとしてるようです。

個人的に海好きなので、非常におもしろそう。大海3の演出も好きですので、打ち倒してみたいですね。

 

 

狙い目

導入台数は割と少な目。

・マックス:10000台
・ライト:20000台

となっています。

2スペック用意する場合は、本来、時期をずらしての導入となります。メーカーからすれば、台数を多く販売したいと考えるので、同じ台でも時期をずらして導入した方が付加価値が付くはずですが、今回は同時導入ということになります。

2スペックということでスケールメリットを見せるという演出ではないかと考えられます。

導入台数から推測するに、王道の海物語とは違い、桜マックスや桜ライトのような位置付けかと思います。

 

マックスがメインスペックかと思いきや、ライトの方が台数が多いです。

ホールによってはどちらか一方の導入となりそうですが、どちらも導入するところもあるのではないでしょうか。

どちらか一方の導入となるホールであれば、やはりマックスタイプの方がベースが甘く、実際に甘く使うことが予想されますので、マックスタイプ導入のホールでの実践の方が無難かとは思います。

両方導入するホールであれば、台数が多い方のスペックを甘く使うこととなると思いますので、台数の多い方のスペックを打った方が無難かと思います。

 

もちろん、地域性というのもあります。ライトが動く地域とか、マックスが動く地域とかありますので、まあ、そこらへんの兼ね合いも考えての機種選択してください。

 

あとは、海が元気なホールで打つというのも重要になってきます。マックスタイプの新台に頼っているホールというよりは、既存の大海3や沖海3が元気に動いていて、更に追加でブラックを入れてくるようなホールはもちろん海物語に力を入れていますので、無難にオススメできるかと思います。

また、そういったホールでは、ある程度長く使うことを想定されますので、『無理に新台期間中に打つこともない』というのが私の予想です。新台期間というよりは、従来行っているイベント日に素直に開けてくるのではないでしょうか。

基本的に新台は新台期間中に打つということがオススメですが、こういった長く動きそうな機種はそうでもないです。海の客層はご年配の方が多いので、ご年配の方は大きな開け閉めは嫌う傾向にあります。大勝や大負けよりは、毎日安定して打ちたいと考える方が多いからです。

そういったこともありますので、導入してからあわてて打つのではなく、いろんなホールをシッカリ吟味して、ちゃんとしたイベント日に狙っていくというスタイルがいいのではないでしょうか。

 

若い方は海物語シリーズを敬遠しがちですが、個人的には大好きな機種でもあります。海シリーズは甘く使っているホールも多いですし、今回はスピーディーなSTタイプの海となりますので、海を打ったことのない方はぜひ打ってみてはいかがでしょうか。


関連記事



他のパチンコブログは
↓コチラから!
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村

ご意見・ご質問も歓迎しています。
↓お気軽にご連絡くださいませ↓
レオンにメールする


スポンサーリンク