都会のパチンコ店と田舎のパチンコ店

全国津々浦々、様々なパチンコ店を見てきた私が、都会のパチンコ店と、田舎のパチンコ店の特徴をご説明致します。

 

実は、私、若い時は、様々な地域に旅打ちしていた経験もあり、私ほど、全国的なパチンコ店を網羅している人物はそう多くはないのかなと思います。そんな私が独自の視点で、様々な地域のパチンコ店を解説していきます。

スポンサーリンク


 

都市型パチンコ店

【特徴について】

都会のパチンコ店の特徴として、多くの人が商圏に存在しているということにつきます。

例えば、建物自体もそうですし、玄関に大きなビジョンを付けるとか、店内アナウンスを流すとか、目立つポスターを作成するとか。目立つことで人が集まり、それが繁盛間に繋がり、更に目立つということです。兎に角、目立つことで、店に活気が生まれていきます。

また、競合店も多いので、店側としては、常に何かを仕掛けてないと、話題性で競合店に負けてしまいます。

今でいう、新台入替合戦などが、その代表例です。【話題の新台、超大量入荷!!】などのうたい文句で、常に競合に差をつけていかなければ、客はイッキに持って行かれてしまいます。

隣の競合が呼び込みをすれば、自店でも5分後に呼び込みをする。

隣の競合が目立つポスターを作成すれば、自店もすぐに作成する。

兎に角、スピード感を持って、限られた時間の中でいかに質の高い仕事をするか。

これが求められるのが都市型のパチンコ店の特徴と言えます。

【攻略する】

足を使って、イベントに特攻する。これが基本戦略になると思います。店は、兎に角話題が欲しいので、頻繁にイベントや、イベントに類似した行為を仕掛けてきます。信頼のある店のイベントを狙っていく。もし、その店でこけたら、隣の店に移動する。そんなフットワークの軽さが、勝率アップの秘訣ではないでしょうか。

イベントに関しても、競合に対抗してくる店の多いので、例えば、リニューアルオープンの店があったとしたら、競合店もリニューアルこそしないものの、それなりの出玉投資はしてきます。大きなイベントを行っている店があったら、その周りの店の調査してみると、おもしろいと思います。

 

田舎のパチンコ店

【特徴について】

常連客をいかに囲い込むか。これが基本的に田舎のパチンコ店の特徴です。常連の中でも特に重宝されるのが、平日でも毎日来てくれる、オバチャン層ですね。都市型パチンコ店のように、商圏に沢山の人がいないので、平日の昼間なんかは、どうしても店が閑散としてしまいがちです。そこで重要なのが、オバチャン層です。

では、このオバチャン層はどういった目的で来ているかというと、大きく勝ちたい訳でもなく、大きく負けたくもない。毎日安定した金額で遊べ、ある程度の時間、遊戯を楽しめればそれでいい訳です。

店側としては、目立って流動性のある若い客を取ることも重要ですが、あまり目立って若い客であふれかえってしまうと、こういったオバチャン層が居づらくもなってしまうのが現実。ほどほどに目立つことが重要とされます。

【攻略する】

上記した様に、出玉に関しては、大きな変化をさせるというよりは、なるべく毎日安定的に出玉を出してあげるのがポイントとなります。

まあ、もちろん、月1くらいで大きなイベントをやるというのも大事ではありますが、逆に大きなイベントで還元しすぎてしまうと、平常営業が渋くなってしまいますので、それもどうかというところではあります。

都市型店舗と違い、イベントに特攻していくというよりは、信頼のある店を何店舗かに絞って、その店の中で戦っていった方が、私的には勝率は上がるのではないかと、予想できます。

 

どちらのパチンコ店が勝ちやすいか

よく議論されるところではありますが、これはその人の稼働できる時間帯や状況によって変わってくるので、何とも言えない部分が大きいです。

ちなみに、私は都会にも田舎にも住んでいたことがあり、どんな地域でも打っていましたが、個人的には田舎のパチンコ店の方が簡単に勝てました。都会のパチンコ店だと、どうしてもライバルが多いので、情報戦になりやすいし、仮に話題のイベントにいったとしても、ライバルが多いので、大して良い台にめぐり合わないです。

逆に田舎のパチンコ店は、価値額は少なくても、ひっそりと良い台を毎日打てたりするので、安定感がありますよね。一度優良店を見つけてしまえば、長く使えるのが特徴です。

 

自分の立ち回りにあったパチンコ店を見つけるのも、パチンコと長く付き合う秘訣かもしれません。

ぜひ、いろんなお店を見て頂きたいと思います。


関連記事



他のパチンコブログは
↓コチラから!
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村

ご意見・ご質問も歓迎しています。
↓お気軽にご連絡くださいませ↓
レオンにメールする


スポンサーリンク