パチンコ新内規 2015について詳しく解説 

2015年のパチンコ内規規制について、ネット上で様々な情報が飛び交っております。

パチンコとスロット同時規制強化の衝撃

以前も記事にしておりますので、そちらも合わせてご覧頂くと、より理解度が深まるかと思います。

今回は特に、パチンコの内規変更について、わかりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク


 

パチンコ内規とは?

内規とは

特定の組織団体内部における規定規則当の組織団体外部には適用されない。

パチンコ機に対する取り決めという意味ですね。

日本遊技機工業組合(日工組)という、パチンコメーカーが加盟している組合内で決められ、保通協という検査機関がその内規に基づき、検査をするという流れで、パチンコの新台は発売されていきます。

 

パチンコ新内規について

①大当たり確率の下限値の変更

1/400→1/320に変更

(始動口の賞球は3個以上)

フルスペックが単純に甘くなった感じです。

 

②大当たりの獲得期待値の変更

遊技台の確変のタイプによって違いますが、現行機種より、10~15%の期待出玉がダウンします。

初回を含めない獲得出玉、現行だと最大で8000発に対して、そこから10~15%ダウンです。

約7000発が最大の期待出玉となります。

 

③大当たり出玉の下限値の変更

通常時の大当たり確率によって、下限値は違います。

仮にフルスペック(1/320)だと、下限値の大当たりは上限の1/3に設定&下限出玉は600発

という条件です。

デジハネタイプだと、1/8くらいまで落としてよい模様。

どちらにせよ、現行のような、出玉無しの大当たりは廃止されます。

 

④適用開始日

平成27年10月31日以降、上記に該当しない機種は販売できない。

すなわち、平成27年11月以降に出る機械に関しては、これらの条件の台となります。

 

参照 【遊技通信

 

内規変更の目的

・初回大当たりまでの消費金額を抑える

・大当たりの下限を上げることで、遊技機の性能として、獲得賞品総額の期待値が下がる

 

射幸性を抑制し、のめり込みの防止につなげることが目的として挙げられてます。

 

初期投資を抑えるとともに、獲得出玉も少なくすることで、安定性のある機械にするということが目的ですね。

確かに現行のフルスペックは波が荒すぎます。

新内規に関しても、射幸性を抑えるということに関しても、のめり込みを抑止という目的に対して、効果的かとは思います。

 

パチンコ店の動向

パチンコ店の現状を踏まえると、MAXタイプ中心の稼働内容と機種構成のパチンコ店が多くある中、内規変更に伴ってMAXタイプがなくなっていくのは正直苦しいホールが多いと思います。

MAXを中心に粗利を稼いでる訳ですからね。

特に、非等価店においては、換金ギャップによる利益も減る訳ですからなおさらです。

 

新内規の特徴として、長時間打つ客を対象に、台の安定感を底上げし、より長く打ってもらいたいといった感覚で内規変更をしているかと思うのですが、現実問題、現状のパチンコ店のニーズは、当たらない時があってもいいから、一発の出玉を短時間で獲得したい。

だと思うんですよね。

会社帰りのサラリーマンがMAXに座る理由ってそれですよね。

一発当てて、ある程度まとまった出玉になれば満足。流して帰るといった戦いをしている方も多いのではないでしょうか。

 

内規変更によって、射幸性を求めている客層が減るのは否めないし、これによってパチンコ店は売上が落ちる可能性が高くなると思います。

回転数で新内規の機種に投資をしてくれればいいのですが、そういう流れになるほど、利益がひっ迫されるのではないでしょうか。

内規変更して序盤はどこのホールも苦しい展開になると思います。


関連記事

スポンサーリンク



『パチンコ役職者がオススメする唯一の攻略法』



他のパチンコブログは
↓コチラから!
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村

ご意見・ご質問も歓迎しています。
↓お気軽にご連絡くださいませ↓
レオンにメールする