三店方式について 今更聞けない( ;∀;)

賭博が禁止されている日本国内において、どうしてパチンコ経営が合法でいられるのか。三店方式という手法で営業を行っているからです。

同方式に関してはグレーゾーンであったり、違法ではないかとの見方が多数ありますが、そういった話はおいておいて、まずは三店方式がどういったものであるのかといったことをご紹介。

スポンサーリンク


 

三店方式に関して

まずは図で解説。

 sanntenn

 まず、お客様が玉をレシートに変え、それをパチンコ店の景品カウンターで特殊景品(お金になる景品)と交換します。

ここで、レシートと現金を変えてしまってはアウト。つまり、パチンコ店は玉を景品に変えているだけで、お客様と直接現金のやり取りはしていないということですね。

それをお客様が換金所という第3の会社に持って行き、景品を現金化することで、パチンコ店は現金を出さずして、お客様は現金を手にするという経緯になっております。

 

また、パチンコ店と換金所が同じ会社だと、それもアウト。まったく関係のない違う会社でなければなりません。

たまたま、パチンコ店の敷地内に、たまたままったく別の会社があるという偶然で、お客様は手軽に景品を現金化できるということになっています。

 

パチンコ店が出した特殊景品を、換金所が受け取るということは、パチンコ店の特殊景品はどんどん少なくなり、換金所にその特殊景品は移っていく訳なのですが、換金所はその景品を直接パチンコ店に返しません。パチンコ店と換金所の取引にも、問屋が入り。特殊景品の売買が行われることで、単なる特殊景品の売買が成立しています。

 

パチンコ店が、交換所を教えない理由

上記したように、パチンコ店と換金所は、まったくの別の会社だけならまだしも、変な関係性を持っていると、所轄に妙な誤解を与えかねません。

パチンコ店と換金所は、まったくの別の会社であるとともに、関わることすら禁止されています。

パチンコ店がお客様に換金所の場所を教えてしまうと、『パチンコ店と換金所がグルなのではないか?』という誤解が生まれてしまうので、場所すら教えてくれないのです。

また、パチンコ店が玉を【貸玉】と表記するのもその為で、パチンコ店は現金で玉を買ってもらっているのではなく、お客様に玉を貸して、設置してあるパチンコ台で遊んでもらっているだけで、遊戯が終了したら、玉は返してもらっています。

 

三店方式は合法か違法か

お客様とパチンコ店の間で、実際に金銭の取引はないにしろ、それは建前だけの話で、お客様は現実的に、容易にパチンコ店の玉を現金化できています。

果たしてこれは合法といってほっておいていいのでしょうか。

ほっておいていい訳ではありませんが、現実的にはほっておくしかないです。なんせ、パチンコ業界はビックビジネスですから、全店を一斉に潰してしまったら。大幅な雇用の喪失になってしまいます。

 

まあ、どちらにしろ、多くのパチンコファンが存在しているのは事実ですので、最悪しばらくは合法でやって頂かないとこまってしまいます。

 


関連記事



他のパチンコブログは
↓コチラから!
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村

ご意見・ご質問も歓迎しています。
↓お気軽にご連絡くださいませ↓
レオンにメールする


スポンサーリンク