パチンコ店 アルバイトの面接

アルバイトの面接について、どんなことをやっているのか、どんな採用基準なのかをご説明します。

スポンサーリンク



 

アルバイトの面接に関して

筆記試験と、面接の2過程で行われます。

筆記試験に関しては、学校の試験のような感じではなく、ただの性格診断です。パチンコ店の店員は、接客業ですので、その適正を見るようなものです。

経験上、この筆記試験はほとんどあてになりません。ですので、面接する側も参考程度にしかしないのですが、適正が100点の方が、印象がいいことには変わりないので、がんばってほしいところです。

 

次に面談に関しては、事務所で1対1で行います。

面接官はその人の印象や人柄をみたり、どの程度働けるのかを聞いたりります。

仕事自体は、パチンコ未経験者でも歓迎なのですが、未経験者の場合、パチンコ店について知らないことが多いので、面談の時に説明し、その方の意思を聞いたりします。

「パチンコ店は、音もうるさいし、タバコの煙や臭いも強いけど、大丈夫?」

といった感じで、働く意思を確認したりします。

 

採用基準に関して

明確な採用基準はないのですが、基本的に人が良ければ採用。そうでなければ不採用といったケースが多いです。

女性に関しては、容姿も基準の一つです。かわいい方が入ると、常連のおじちゃんが喜んでくれますからね。また、従業員のモチベーションも上がりますので、仕事はできなそうでも、カワイイってだけで有利です。

また、ドル箱を運ぶのは結構な重労働ですので、男性の方だったら、体が丈夫そうだったり、真面目な性格の方のほうが印象は良いです。

 

パチンコ店のアルバイトは誰でもできる仕事ですので、容姿や人柄が採用の決め手になったりします。

後はどうしてもタイミングも重要になってきます。

人が足りない時であれば、採用基準は下がりますし、逆に人が多い時は基準は難しくなります。あとは、勤務条件なども結構重要です。時間に制約のある学生などよりは、いつでも大丈夫ですといった、フリーターの方が重宝しますので、優遇します。

 

パチンコ店は、どうしても怪しいイメージが払しょくできませんが、今は学生の女の子なども多く働いています。自給も非常に高い業種の1つですので、ぜひ、気軽に多くの方に働いて頂きたく思っております。

受け入れ態勢はいつでも万全ですので、お気軽にご応募ください。

 


関連記事



他のパチンコブログは
↓コチラから!
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村

ご意見・ご質問も歓迎しています。
↓お気軽にご連絡くださいませ↓
レオンにメールする


スポンサーリンク