【配置から見る】あのパチンコ店員の性格がよくわかる方法

あの、店員、どんな人なんだろう??

みな様が行っているパチンコ店で、気になる店員いませんか?

その店員の性格が一発でわかる方法があります。

その人が、主にどこのコーナーにいるかを観察する方法です。

スポンサーリンク



パチンコ店員には、島割りというものが存在し、大体のパチンコ店では、毎日、大体の担当場所が決められます。

例)「今日は〇〇さんはパチンココーナー、△△さんはカウンター、××さんはスロット。」

といった感じです。

気になる店員がいたら、その人が主にどこにいるかを観察してみてください。

その人の性格の傾向がわかります。

 

では、どこのコーナーがどんな性格なのか。順番に説明していきます。

 

①カウンター

これは一番わかりやすいです。キレイどころです。

新しいアルバイトの女性が入ってきて、体が細くて美人だったら、即カウンターです。

パチンコ店の業務で一番体に負担が少ないのがカウンターですからね。

パチンコ店の役職も、体が細くてカワイイ方に、肉体労働はさせられません。

また、カウンターは店の顔ということもありますので、やはりカワイイ人の方が適正があります。

 

②パチンココーナー

協調性がある方です。学生時代、団体競技をしてた方などは適正があります。

大体の店は、パチンコが主体ですので、パチンココーナーは忙しいです。また、従業員同士で連携が必要になったりします。

例えば、誰かが交換作業をしているとしたら、他の人はドル箱を渡さないといけません。

また、そこそこ忙しい店だと、店員が5人で、交換が5件、同時に来る場合があります。

こういう際は、インカムで共有し、各店員が順番に交換作業に入ります。

みんなが同時に交換に入ったりすると、戻ったらコールランプが沢山ついているといった事があります。

チームプレーで交換をさばいていかなければなりません。

 

③スロットコーナー

個人の能力はあるが、協調性に掛ける方です

パチンコに比べ、スロットはドル箱渡しなどがない為、作業自体は少ないのですが、スロットは大概1人で全台を見るので、1人で見る台数はパチンコより多いです。

パチンコは連携プレーに対して、スロットは個人プレーといった感じです。

1人で多くの台、お客様を相手にするので、要領がよくないとやってられません。

例えば、お客様の言うことを全てちゃんと答えているような方だと、その間スロットが無人状態になりますので、お客様としゃべるにしても、丁寧に適当にうまく会話を切り上げる能力が必要になります。

また、1つの作業に没頭していると、それも同じことですので、数個の作業を要領よく、そつなくこなす能力がスロットは必要になります。

言い換えれば、要領が良い人ということです。

 

④ホールリーダー

パチンコ店には、ホールリーダーという人がいます。

カウンター、パチンコ、スロットコーナーの人達のインカムを聞き、その状況に合わせて指示を出す人です。

例えば、スロットコーナーのスタッフが何かの作業に入る場合などは、ホールリーダーがインカムで指示を出し、誰かをフォローに送ったりします。

キャプテン、司令塔といったポジションです。パチンコ店の一番中央で、インカムをよく使って、偉そうに支持を出している人が大体このポジションです。

もちろん、全てのコーナーの仕事内容を知っていることは前提として、サッカーの司令塔のように、ゲームメイク能力が必要になります。

まあ、そのままですね。

大概、年長のリーダー格の人物がこのポジションをやりますが、女性でも勤務歴が長いとやったりします。

女性でリーダーをやる人は、白黒ハッキリ決められる方が多いです。

多くの人に指示を出すので、瞬間的に物事を決定していかなくてはいけません。

曖昧ちゃんでは務まりません。

 

 

役職者は、アルバイト全員の性格や能力や、店の状況なとを加味し、日々、この島割りというものを決めていきます。

もちろん、毎日同じポジションをやらせていると、スタッフもマンネリになってしまい、やる気も起きないので、いろんなポジションを経験していきますが、それでも片寄りはあります。

適材適所で使った方が、お客様の為になるので、ある程度そうせざるを得ないです。

 

こういった見方をして、店員を見ていると、面白いかもしれませんね。

 

 


関連記事



他のパチンコブログは
↓コチラから!
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村

ご意見・ご質問も歓迎しています。
↓お気軽にご連絡くださいませ↓
レオンにメールする


スポンサーリンク