マルハン川中島店 シバター来店でぶっこ抜いた件 店の立場から今回の騒動を考える。

まず、現状、世の中に存在する、すべてのライターイベントの中で、【シバター来店】というイベントが、一番スロットの設定を期待できるイベントであるということをここで言っておく。

 

 

シバターという人物

人気 you tuber の一人。

以前はガチTVという組織の一員として、パチンコ・スロットの動画を配信していたが、現在は独立し、自身のyou tubeチャンネルで単独でパチンコ店を訪問し、実践動画を上げている。

you tuberという立場上、何の会社からもスポンサードを受けておらず、収入もパチンコ・スロット動画に頼っている訳でもない為、基本的に好き放題できる。

 

現在までの動画を振り返っても、

・店が出していないという理由で台パンする。

・同じ理由で、呼ばれている店の隣の店で実践を行う。

・後日、自身の動画内で、出していなかったということを明言する。

などなど…

シバター来店】を店が謳っており、実際に店が設定を使っていないと、自身の動画内で散々に言われてしまう為、店も実際に出玉を使わざるを得ない。

上記したような経緯がもはや、業界でも有名になっており、【シバター来店】のイベントでは、どこのホールも出玉を使うのが定例化しているのが現状である。

 

※出玉を使うという定義をシバター氏は、【10割営業】としており、すなわち、店と客が損益0。店からしたら、プラマイゼロ営業をしていないと、シバターは動画内で文句を言うという構図になっている。

 

これ、他のライターじゃマネできないよね。たぶん。

 

 

マルハン川中島店がぶっこ抜いた話

それで今回、そんなシバター氏が、マルハン川中島店という店を訪問し、実践動画を撮ったという話。

・実際にマルハンで実践をした結果、シバターは10万円負け。

・台の挙動とか、データを見ても、全体的に回収ムード。

・店の関係者や業界の関係者の情報などからも、その日は実際、回収していた可能性が高いという内容を、自身の動画内、もしくはツイッターで公表した。

シバターは、自分自身で、

10割営業をしてくれないと実践をしに行かない。

ということを明言しており、事前に、店の関係者とそれを約束できないと、そのホールで実践をすることは無いという。

 

今回のマルハン川中島店とも、事前にそういうやり取りを行い、店が約束してくれたからこそ、事前に自身のツイッターで強く宣伝をし、通常20人しか並ばないお店に、200人を並ばせたという。

 

そんな中、ふたを開けてみれば、完全に回収ムード。

 

後日、シバター氏は、そんなマルハンへの文句の動画と、シバターのことを信じて並んでくれたお客さん、ファンに対して、謝罪動画を挙げたという経緯になる。

 

 

10割営業とは、どういうことなのか

シバターは、動画内でよく『10割営業』言葉を使っている。

これ、パチンコ店にとってはどういうことなのかを考えていきたい。

 

パチンコ店では、客がサンドにお金を入れる⇒その一部を出玉として還元している。

という話。

 

サンドに入ってるお金と、出玉として還元したお金が同じ額であれば、10割営業

 

では、通常であれば、サンドに入ったお金のどのくらいを客に還元するのか。

【8~8.5割】

が、一般的なラインだ。

 

10割営業』と、シバター氏は簡単に言ってるけど、実際に店としたら、利率0%なんて、かなりの陳事件である。

機種別にみて、10割だったとかっていう話なら、少なくないが、店全体で10割なんて、かなりの確率で起こり得ない話。

 

まあ、スロットであれば、設定を変えるだけだが、パチンコで通常8割営業をしている店が10割にしようと思ったら、結構大変。

調整する人物は、

「こんなにやっていいのか!!!」

というくらい、ガッツリ調整しないと、全体で2割って上がらないと思う。

やってできないことはないけど、結構思い切ってやる感じ。

まあ、シバター氏は、基本的にスロットしか打たないから、今回の話は、スロットに限ったことだと思う。

スロットだけという話なら、現実的ではある。

 

 

10割を超える壁

んで、シバター氏も含め、ユーザーの多くは、店が10割なんて簡単じゃんと思うかもしれない。

実際にパチンコ店で働いている私自身も、たまには10割あってもいいんじゃない?と思うのだが、実際に店の経営陣からすれば、10割って、あり得ない数字なんだと思う。

私自身、今まで、多くの地域一番店と言われるようなその地域で一番集客力の高い店で働いてきたが、どの店の店長も、

「利益利益利益利益…」

と、口をそろえて言っていた。

 

客から見れば、パチンコ店って、「どんだけ客から金回収するんだよ!」って見えるかもしれないが、店からすれば、そこまで多くお金取ってないし、そんな中で、

  • 人件費(福利厚生とか)
  • 設備維持費
  • 設備投資
  • 広告宣伝
  • 光熱費
  • 家賃
  • 機械代
  • 本社経費

その他もろもろ…

多くの経費を支払っているという話になるんだよね。

 

毎週のように1台50万円もする新台を大量に入れ替えて、その度、店の装飾変更して、ポスター作って、販促して。

それでも稼働は2週間しかもたない。

かといって、それを毎週のようにやらなければ、地域一番の座には居座れない。

 

【※ここから重要※】

そんな中、【一日分の利益を還元】するなんて行為は、完全に自殺行為だよね。

 

毎日、100万円の利益が上がる予定の店があったとして、その100万円が1日でも上がらなかったら…

どこでその100万円を補うのか。

 

実際に、動画内でシバター氏も、

「マルハンは、設定5・6を入れる時、赤字営業をする時は、会社の営業本部とエリア長に、稟議を上げないといけない」

という話をしている。(17分あたり)

 

店全体で10割営業。

できなくはないよ。

できなくはないけど…

ハードルは結構高いよ。実際。

 

 

今回、マルハンは何考えてたのかな

シバターという人物。

冒頭でも説明したように、今現在、パチンコスロットライターの中では、確実に一番影響力の大きい人物の中の一人。

ましてや、出玉を実際に出さなかったら、後日動画でボロクソ言われる。

 

まず、このことを、店長は把握してたのかな??

小規模店舗ならまだしも、大型法人の店長って、you tube見るの、仕事に入ってないからね。完全に。you tubeなんて見てる暇あったら、マーケティングしてた方が、よっぽど店の為になる。

まあ、少なくとも把握はしていたと思うけど、これほどまでに大事になると、予想はしていなかった可能性は十分にあると思う。

 

それで、次に、

you tubeの影響力を軽視していた可能性もあるし、仮にyou tubeごときで何やかんやいわれても、そこまで気にしないという可能性も高いと思う。

若い方であれば、パチンコといえば若者かもしれないけど、店からすれば、中高年の客層の方が大事??という店も多いと思う。

特に、郊外にあるマルハンとか、年配の客層がやたら多いイメージがあって、平日の昼間とか、中高年の割合が8割とかじゃないかな。

そんな中、you tubeごときで色々言われても、店の稼働にさほど影響しないと踏んでいた可能性もある。

you tubeの反響より、1日の利益みたいな。

 

あともう一つ。

客から見える出玉の量って、実際の設定より、台あたりの滞在時間の方がよほど大きく影響する。

これ、重要だから覚えて欲しいんだけど、高設定使ったところで、客がすぐに台を変えていたら、出玉って全然見えない。

逆に、全台設定1でも、客が永遠同じ台打ってくれたら、出玉って、すごい出る。

設定も店の利益も同じでも、イベントの時は良く出てるように見えるというのは、ものすごく良くある話。

 

大事だからもう一度言いますが、

ものすごく良くあります。

 

これ、パチ屋の店員とか、役職レベルでも大体理解してないからね。

設定も利益もまったくいつもと同じなのに、

「今日すごい出てるよね~。」

という会話が休憩所で良く行われてます。

 

今回のマルハン何とか店でも、店側としては、この影響を期待していた可能性がある。

 

 

今後、マルハンはガセるのか

今回の1件で、マルハンは反省したのかな??

僕の予想だと、

「反省はしたけど、営業方針は変えません。」

といった感じじゃないかな。

 

今回のイベントは、終わってみれば、ガセイベントだった訳だけど、僕から言わせれば、7の付く日とか、完全に毎回ガセイベントだからね。

そんなガセイベントを、月に3回も全国数百店舗で永遠と行って今の地位を築いているマルハン。

 

you tuber1人が何か言ってきたところで、そう簡単に営業方針も変わらないし、会社の体質も変わらないでしょ。

 

仮に、今回の騒動で何とか店の稼働や評判が落ちたとして、会社としたら、店長異動させて終わりじゃないかな。

最悪、降格人事もあるかもしれないけど、あんまり考えられないかな。

んで、新店長が来て、半年くらいしたら、みんな今回の件は忘れるから、何もなかったのかのように、またガセイベントを連発する。

そんな感じじゃないかな。

 

シバター氏は、動画内で、「因果応報」という言葉を使って、マルハンのことを言っていたけど、パチンコ店が、出玉を出す出さないの問題より、客のパチンコに対する知識の量と情報の精査。

これが追い付かない限りは、因果応報の結果には僕はならないと思うよ。

 

 

最後に

とはいえ、今回のシバター氏の動画は、急上昇で1位とったらしいね。

少なからず、若者の間では、マルハンはガセということは認知されたと思う。

シバター氏も、日本一のパチンコ店とのお仕事を今後一切やらないという決意表明をし、その圧倒的な地位に媚びることなく今回の動画を出したことはすごいことだと思う。

自分の利益を蹴ってまで、自分の信念を貫き、業界の健全化に貢献した訳だからね。

 

今回は、イベントと出玉の裏側にどんな思惑があったのか。

詳しく解説してきた訳ですが、この記事を読んで、ちょっとでも読者様の店選びに役立てて欲しいし、僕もシバターさんと同じように、業界が健全化していき、ガセ店は精査されればいいと思う。

 

ちょっと長くなってしまいましたが、読んで頂きありがとうございます。


関連記事



他のパチンコブログは
↓コチラから!
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村

ご意見・ご質問も歓迎しています。
↓お気軽にご連絡くださいませ↓
レオンにメールする


スポンサーリンク