最近のゴッドシリーズの扱い方

最近、ホールに設置してあるゴッドシリーズは主に3つ。

  • ハーデス
  • 凱旋
  • ポセイドン

だろう。

download

ハッキリ言おう。

この3機種、もはや回収専用機だ。


スポンサーリンク

ゴッドシリーズの設定状況

設定1しかないのはもはやみんな気が付いていると思う。

地域性とかもあるかもしれないが、店としては、ぶっこ抜きたい機種であることは間違いない。

 

だがしかし、だがしかしだ。

ここからがゴッドシリーズの優秀なところ。

イベントなどの時に、ちょっとラインなどで煽ってやれば、多くの一撃狙いの客が沢山お金を入れてくれる。

みなさんもご存じの通り、ゴッドシリーズは全般的に、サンドにいっぱいお金入れれば、出玉でるんだよね。

ゴッドに注力して、出玉見せてあげれば、例え全台設定①でも、鉄火場が出来上がってしまうのがゴッドシリーズなのだ。

 

出玉も鉄火場だが、サンドの中も鉄火場と化す。

 

更に更に・・・

ゴッドシリーズが優秀なところはまだまだある。

設定打ち変えた時、設定変更台が結構ある感じに仕上げられる。

ハーデスでいえば、前日の最終ゲーム数と、朝一のハマりゲーム数、宵越しで天井越していけば、変更したのかなとプレーヤーに思わせられるし、凱旋もしかり。1000ゲームで当たれば変更と思わせられる。

今時、ゴッドの天井なんて、ほとんどのプレーヤーが把握してるから、注目度も高いしね。

 

イベントの時は、決まって設定①から設定①に打ち変えるのはお約束。

 

最近のハイエナ対策の基本

上記したように、店としては回収台として結構優秀なゴッドシリーズだが、ゴッドが優秀たるゆえんは、これだけにとどまらない。

イベントでも重宝するゴッドシリーズだが、実は平常営業でも更に重宝している。

 

重宝している理由、

設定変更による、出玉調整能力の高さ。

 

ハーデスを例に取ると、ハーデスって、プレーヤーが思っている以上に、けっこう天井性能に出玉が偏っている。

逆に、天井以外の出玉は、基本的に、さほど大したことはない。

平常営業下で、ハーデスを放置すると、数台に一台は、結構な勢いで出玉を持ってかれるが、しっかり設定変更してあげれば、バンバン回収できるのである。

 

逆に、凱旋に関しては基本的に据え置きね。

変更しちゃうと天井に行きやすくなっちゃうから。

 

ハーデス:変更

凱旋:据え置き

 

店としてはちょっとした手間だが、これをシッカリやることで、粗が結構違ってくる。

大規模店舗ならさほど気にならないかもしれないが、~500台程度の小規模店舗なら、ゴッドシリーズで持ってかれる数千円の粗は結構痛い。

僕の今までの経験上、できる店長ほど、ここら辺の細かいところまで気を使う傾向にあるかな。

 

ちなみに、もはやみんなもほとんど気にしてないかもしれないが、ポセイドンに関しては放置ね。

店としても興味すらわかない。

 

ゴッドがいつまでホールに設置されているかわからないが、これから新基準機が増えていくにつれ、「最後に旧基準を。」と思うユーザーも少なくないと思う。

そういうユーザーが増えれば増えるほど、この傾向は顕著になっていくんじゃないかなと思う。





スポンサーリンク

 


関連記事



他のパチンコブログは
↓コチラから!
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村

ご意見・ご質問も歓迎しています。
↓お気軽にご連絡くださいませ↓
レオンにメールする


スポンサーリンク