押忍!番長3 設定6の挙動について

imgres

 

前回の記事、

『アナザーゴッドポセイドン設定6の機械割』

についてが公表だったのを受け、今回は今一番注目の【番長3】の設定6の挙動について。

導入数日の設定状況なんかも書いていこうと思う。

 


スポンサーリンク

 

番長3 設定6の挙動

僕の店でも実際に何度か設定6を入れているが、当然というか、やはりというか、

安定感抜群であるという印象。

今までの番長シリーズの特徴を継承し、

 

偶数設定は安定。

奇数設定は連チャン。

といった使用になっているのではないかと予想ができる。

 

中でも設定6は、別格に安定している

banntyousonotaaa

感じとしてはこんな感じ。

※グラフの手抜き感に関してのツッコミは受け付けてません。

 

結構出ている台とかでも、大きく凹んでから出ている台なんかは、設定6ではない可能性が高いんじゃないかな。

banntyousonota

こんなのとかは、低設定のマグレの可能性が高い。

 

ちなみに、設定6より使用頻度の高いと思われる設定4に関しては、

banntyousonotaaaaaa

こんな感じ。

設定6の波を、もうちょっと大きくした感じ。

設定4でも結構安定感なという印象だが、これは良い時の4。悪い時は結構凹むのも見ているので、4は意識して狙ったらダメだなと思います。個人的には。

 

設定6を狙う時の注意点

上記したように、

設定6は安定感抜群!

と書いたが、とはいえ、番長。

通常時、1000枚くらいの飲み込みは普通に起こるから、あまりに早計な判断は禁物といえる。

 

例えば、

設定6を意識して、朝一400ハマり。

次に200ハマり。

その後100まで回してヒットしなかったら…

 

このくらいのシチュエーションはそこそこ起こりうる。

この時点で投資は2万円くらいはいくと思うが、それでもその後は安定して右肩上がりなんて展開も考えられる。

 

では逆に、設定1だとどうなるか。

朝一100G以内でヒット。

その後順調に天国でヒット。

右肩上がり。

午後になって

900ハマり

800ハマり

 

みたいな。

 

低設定だと、結構大きくハマるなというのが印象。

 

良くも悪くも、大都の台は設定がわかりやすいようでわかりずらい。

 

それが番長3にも継承されているんじゃないかな。

 

番長3 実際の設定状況

では、実際にホールでの設定状況はどうなのか。

導入されてまだ数日だが、各ホールでの番長3の使い方は両極端なんじゃないかというのが私の印象。

 

現状のホールにおいて、新基準機の中でもズバ抜けて稼働しているのが番長3のみ。

他の新基準は閑古鳥のホールが大体だと思うが、そんな番長3には、この後も稼働してもらいたいと考えるホールなんかは、甘目に使っているホールもあると思う。

逆に、現状として、番長3はベタピンでもキンキンに動くので、状況が最悪のホールも実際はあると思う。

入替初日に多少出玉見せて、後は全部1みたいな。

 

ただ、さすがにそんな極悪店でも、番長の稼働が垂れてきた時。

その中でもそんな強気な営業が続けられるのか。

絶対に稼働が飛んではいけない番長3の稼働が飛んでいくのを平常心で見ていられるメンタルを持っている店長はさすがに少ないと思う。

稼働状況によっては、設定使ってくれるんじゃないかな。

注目して頂きたいところです。

 





スポンサーリンク


関連記事



他のパチンコブログは
↓コチラから!
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村

ご意見・ご質問も歓迎しています。
↓お気軽にご連絡くださいませ↓
レオンにメールする


スポンサーリンク