玉・メダル持ち込み犯の末路

玉、メダルの持ち込みは重罪です。止めましょう。

今まで、そこそこの持ち込み犯を捕まえてますが、結構、酷い事態にもなりかねません。





スポンサーリンク

玉とメダルの持ち込みは、メダルの事案の方が圧倒的に多いので、今回はメダルに例えて話を進めます。

 

持ち込みが見つかる経緯

小型店は別として、大型ホールは意外と持ち込み犯を現行犯で見つけられません。ホールが広い上に、従業員も暇ではありません。(暇なら出勤人数減らしますので、ギリギリの人数で回っていることがほとんど。)

加えて、持ち込み犯もバカではないので、注意して犯行を行うと、ほとんどが見つけることができません。

 

では、どんなタイミングで見つけるのかというと、閉店後ですね。

スロットは台清掃の関係などもあり、全台開けて中を見たりするのですが、その際に作業をしているアルバイトから社員に報告が上がります。

「〇〇番台で、他店コインがまとまって入ってます。」

それで、その後に社員がカメラ確認を行い、人物を特定するということです。

その際に、顔認証があるホールなどは、顔認証に登録します。

 

顔認証に登録されたら、その後の来店でほとんど捕まえますので、恐ろしい機能ですよね(-ω-)/

顔認証がないホールがほとんどだと思いますが、そういったホールでは、カメラの映像を印刷し、休憩所などに張り出します。アルバイト全員に共有し、次回来店の際にインカムで報告が入るということです。

これ、意外とばれないだろうと思うところですが、こういうことが好きな、正義感の強いアルバイトって結構いて、そういう人たちの記憶力と、洞察力は相当なものです。意外と見つかってしまいますね。

 

犯人が捕まる瞬間

顔認証でヒットするorアルバイトからインカムで報告が入る

その後は大体社員以上の人物が対応します。

前回の犯行が確実かつ、人物もその人物で間違いない場合は、速攻でホールに行って捕獲します。

人物がその人物と同様か怪しいと思ったら、ちょっと泳がせて、犯行を待つなんてこともします。

 

まあ、報告が入った時点で結構な確率でその人物で、そういう人物は再度犯行しますので、殆どが捕獲に至ります。

 

【以下、犯人捕獲の際の一例です】

あくまでフィクションですので、ご注意ください。

社員「お客さん、ちょっと事務所までいいですか?」

犯人「何ですか?何もやってないですよ。」

社「いいからちょっと来いよ。警察呼ぼうか?」

犯「はい、行きます。」

※2人以上の社員で犯人を囲むか、ベルトをしっかりつかんで連行。

(事務所到着)

社「何で呼ばれたかわかってる?」

犯「はい。」

社「今日だけじゃないよね。確認してるだけで3回は来てるよね?合計でどのくらい持ち込んだ?」

犯「全部で500枚くらいですかね?」

※あくまで、自供させるのが重要です。

社「身分証みせて。」

犯「持ってないです。」

社「いいから出せよ。財布全部見せて。」

犯「今日財布持ってないで…」

社「サッサと出せや!!」

※この展開になると、この辺で不慮の事故が起こり、事務所の監視カメラはOFFとなりますのでご注意ください。

社「実家の住所と番号も教えて。」

犯「親いないです。」

社「それじゃ携帯出せよ。」

犯「携帯も持ってないで…」

社「早く出せや!」

※家族の電話番号を控え、必要であれば親族にその場で連絡をとり、事情を話します。

支払い能力がない方も結構いるので、親に請求したりもします。

 

こういった感じで、身分を一通り調べ、開放となります。

 

社員としては、こういった悪いことをする人物に掛けている時間なんて、無駄でしかないので、いかに早く対応を終わらすかがポイントとなってきます。こんな時間があったら、ホールにいるお客様の接客に人数をさくべきです。

 

具体的な請求金額

ホール側としては、一度メダルを持ち込まれると、結構な金銭的被害を受けます。

もちろん、持ち込まれた枚数分の金額。持ち込み犯が遊技をして、メダルを交換していった場合は、実際に交換した金額。

また、社員以上の人間が30分とか1時間とかかけてカメラで確認しますので、その人件費。

ホールスタッフが定期的に行うメダルの分別作業、人件費。

メダルカウンターに蓋を付けたり、ゴト対策部品とかも、そもそも持ち込みがなければ行う必要もないので、そういった設備に掛かる金額。

捕まえて、事情聴取する人物の人件費などなど

 

例えば、50枚のメダルを3回持ち込んだ犯人がいたとして、持ち込みの単純な被害額は1500円ですが、もろもろの経費を上乗せすると、15000円請求されても安いくらいですね。

実際に、景品を交換していった犯人に対しては、数十万とかのレベルで請求することもあります。

 

持ち込んだ枚数分だけの請求ですんだらラッキーっていうはなしですよ。ほんとうに。

 

最後に

犯人を確保した際に、警察に通報するかしないかというところですが、これはホールによって様々だと思います。

犯人側からすれば、通報された場合は被害金額を請求されずに済むかもしれませんが、前科がつきます。

逆に、ホール間で民事で話を済ませてもらえば、お金は払わなくてはなりませんが、前科はつかずに済みます。

どっちもどっちですね。

 

といったように、メダルの持ち込みや、その他、店でやってはいけないことをする人物に関しては厳しく処罰を与えますので、絶対にやらないことをオススメします。(読者様でこういったことをやる方は少ないとは思いますが。)

実際に犯行を行ったとしても、結構な確率で、店にばれるので、本当にやらない方が良いです。

仮にやってしまって、捕まった場合は、素直に認めて謝罪をするのが一番です。時間がかかるほど、社員も苛立ってくると予想されますので。もう素直に認めて、早く話を済ませてください。


関連記事



他のパチンコブログは
↓コチラから!
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村

ご意見・ご質問も歓迎しています。
↓お気軽にご連絡くださいませ↓
レオンにメールする


スポンサーリンク