【パチンコ店】ライン@での集客

昨年より、ライン@が個人に開放されたのをキッカケにパチンコ店でもライン@を利用した販促が盛んに見られるようになりました。

ライン@をわかりやすく説明

従来、メールやホームページで営業の情報を紹介していたホールも、その販促手法をラインに移しつつあります。

今回の記事は、そんなラインを利用した集客手法とホールの思惑など、紹介していきたいと思います。





スポンサーリンク

ライン@とは何なのか

簡単にいうと、ラインですね。友達同士でしている感覚で、パチンコ店からラインが届きます。

それで、ライン@とは、例えばマルマンという店があったとして、そのマルマンアカウントが一度に複数名にラインを飛ばせます。

メールとの違いは、ラインは文字数が最大で500文字。画像も2~3枚までとの制限があります。

新台情報とか、メールだと細かく書けるのに対して、ラインは細かく書くと文字数が上限になってしまいますので、リンクなどを張って、P-WORLDに飛ばすとかの工夫をしている店舗がほとんどだと思います。

また、文字の大きさや色が変えられないので、強調すべき箇所を強調しにくいということも考えられます。テキストで工夫はしてますが、そのことは後述します。

 

と、このように、一見不利な材料ばかりなんですが、なぜかライン@は普及しています。

やはり、ラインのほうが手軽で親近感がわくということなんでしょうね。

最近できたホールなんかはすでにメール会員より、ライン登録者の方が多いのではないでしょうか。

スマホの爆発的な普及で、ラインは一日に何度も開くが、メールはあんまり開かないという方も増えているのではないでしょうか。

 

ラインで送られる重要な情報

このように、ラインの普及と同時にホールもそれに対応すべく、ラインの友達集めに精を出しています。

なので、『ライン限定情報!』とか、そういうのを出して、友達数を増やす工夫を行うホールも多いのではないでしょうか。

特にスロットは現状、この傾向にあると思います。

 

東京のとあるホールでは、ライン限定で設定を示唆するような内容の情報を開示してたら、所轄の指導が入ったらしいです。今まではラインには注目していなかった警察も、普及と同時にラインもチェックするようになってきているということです。

 

ホールがラインに力を入れているようなら、メール会員であったとしても、おそらく登録して損はないかと思います。

 

具体的な文章例

上記したように、メールと違い、ラインは文字の大きさや色の設定はできません。なので、テキストのみで勝負になってしまいます。

私も仕事柄、競合のメールとラインは毎日全部チェックしていますので、いろんなパチンコ店がどのように機種押ししているのかを紹介していきます。

例①牙狼を推したいライン

~人気機種多数設置中~

・北斗

・海物語

・ジャグラー

〇牙狼

 

例②牙狼を推したいライン2

自慢の人気機種、多数!!

☆★☆★☆★

牙狼 全50台!

☆★☆★☆★

・海物語

・北斗シリーズ

例③ランキングを利用した事案

お客様が選ぶ、

≪人気機種ランキング≫

①バジリスク絆

②ジャグラー

③北斗強敵

最近、ランキング多いですね。この手のラインは1位の機種の機種押しであり、ランキングなんてどうでもいいやつです。

例④夕方などに来る意味ありげなライン

まだまだ空台あります!

当店自慢の

【〇〇〇〇コーナー】

お前はすでに座っている!

この手のラインも多いです。(地域によっては完全にNGですが…)

これ、裏事情ですが、ラインの作成者は店長じゃない店舗って結構多いです。実際に北斗の設定を知っていてこの手のラインを作っているホールと、そうでないホールがありますので、ご注意を。

また、〇の数は意外と関係ないことも多いです。このラインの場合は明らかに北斗強敵ですが、何かをにおわせる目的で〇〇を使用していて、におわせるだけ。みたいなホールもありますので、ご注意を。

 

ホールとしては、今後も続くラインの販促。普及しきってからでは大した情報も流れないと思いますので、ぜひこの機会に登録してみては如何ですか。


関連記事

スポンサーリンク



『パチンコ役職者がオススメする唯一の攻略法』



他のパチンコブログは
↓コチラから!
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村

ご意見・ご質問も歓迎しています。
↓お気軽にご連絡くださいませ↓
レオンにメールする