2015年 パチンコ業界総括

新年あけましておめでとうございます。

 

というか、久しぶりの更新となって申し訳ございません。仕事が立て込んでいたのと、自身のモチベーションの低下で、ブログ更新をさぼっておりました。

新年も明けてしまったということで、2016年は今までとは違い、記事をどんどんアップしていこうと思いますので、ご愛読よろしくお願い致します。

 

そして、2016年最初のテーマですが、

【2015年の総括】

とさせて頂きます。

今思えば、いろんなことがあった2015年ですが、私の予想通りだったこともあれば、予想とかなりかけ離れていることもございました。

まあ、いろいろと解説させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク


 

まず初めに、2015年の始めに、私が更新した記事です。

2015年 パチンコ業界の展望

この記事で私が予想したことは大まかに3つです。

①新台の減少

②人口の減少

③パチンコ攻略法の拡散

当たっていたことと、外れていたことがそれぞれありましたので、詳しく見ていきます。

 

①新台の減少

当初、パチンコ・スロット共に、販売台数は減少すると予想しておりましたが、実際はそうでもなかったというのが印象ですね。2015年の正式な販売台数の数字はありませんでしたが、目算で算出しているサイトがありましたので、そちらから抜粋させて頂きます。

参照『re design』様

【パチンコ販売台数】

2013年:222万台

2014年:204.5万台

2015年:210万台

200万台割れかと思いましたが、むしろ増加しました。

【スロット販売台数】

2013年:131万台

2014年:115.7万台

2015年:113万台

昨年とほぼ変わらずですね。面白い

 

当初は大手法人が新台購入費の削減を大きく謳いだし、当然のごとく減少するかと思われた新台販売数ですが、蓋を開けてみれば、昨年とさほど変わらずといったところです。これには大きく分けて2つの要因があると考えられます。

①MAX規制前の駆け込み需要

牙狼 魔界ノ花やルパン8、仮面ライダー、ヱヴァなどがそれにあたると思いますが、パチンコのキラーコンテンツがそろい踏みでしたね。そりゃホールも買わない訳にはいかず、大量に導入し、思ったより動くという構図でした。

②低貸店の新台入替の変化

順調に増加する低貸ユーザーですが、ホールとしても、そのユーザーのニーズに応えるために、低貸への新台導入が当然となっていました。専門店であれば、新台を新台で買うことが当たり前で、それができなければ完全にライバルに負けてしまうという状況です。この傾向は来年も顕著化すると考えられます。苦しい時代ですね(^-^;

 

②人口の減少

2015年の正式発表はまだありませんが、2014年は増えたみたいですね。ただ、売上は減少しているので、低貸ユーザーが増加したのが原因かと考えられます。2015年も同じような感じではありますが、競合店の稼働推移を見るに、若干の減少かなといった感じはします。

これも当然減ると予想されていたことでしたが、まさかの増加です。わからないものですね(^-^;

 

③攻略情報の拡散

業界が抱える最大の問題がこれかなと思います。ある程度パチンコの知識のある人間が、ネットで検索すれば、パチンコで勝つ為に必要な情報は簡単に手に入る時代です。

平日の昼間にパチンコ店にいる若い方なんかは、負けている人の方が珍しいといった感じが否めなくなってきていますからね。

そして、2015年は特に、軍団と呼ばれるパチンコ攻略系の方が爆発的に増加したのではないでしょうか。ネットで情報を手に入れるだけではなく、もはや勝ちを簡単に体感できる時代になってきました。

このまま軍団が増加したら、業界はどうなってしまうのでしょうね。ちょっと怖い時代です。

 

釘曲げ問題等に関して

2015年の大きな問題として、これも取り上げなければなりません。

釘曲げ等の違法遊技機取締りの問題に関してですが、12月25日に日工組が追加で声明を発表した模様。

射幸性があまりにも高い機械は、適当な機種と入替えろというものです。

 

2015年半ばくらいから、警察とか、日工組とか、いろいろと動いたり、ユーザーの反応も大きかったりするんですが、ホール側としては、よくわからないし、これらの騒動をあまり大きく問題視していないような気がしますね。

フロッグの調整を緩くしたりはしていますが、それくらいの話で、本格的に問題視はしていないのかなと…

例えば、本当に1月から射幸性の高い機械の撤去が始まるなら、現状で魔界ノ花あたりは減台しないといけないんですよね。明らかに。変わって、ジャパンに大きく販促していくべきなんですけど、今のホールの販促の中心はどう考えてもジャパンを完全に捨てて魔界ですからね。

ビッグドリームなんかも増台している場合ではないんですよ。

中古市場

これはユーザー視点からみても同様で、これから先のことなんて心配してもしょうがないのかなと個人的には思います。

確かに、牙狼が打てなくなるのは寂しいですが、海や餃子の王将で十分楽しめますよ。

 

スロットの規制に関しては、今後どういったことになるのか、現状ではわかりませんが、4号機から5号機に変わった時に沢山のスロッターが「終わった」と言っていましたが、今のスロットは4号機と大差ないくらいに爆発力があって面白いし、新しいユーザーも沢山増えたと思います。

新基準の北斗や秘宝伝の稼働も驚くほど良好ですしね。

悲観することなく、現状を楽しんでほしいと思います。

 

以上、2015年の総括とさせて頂きます。

質問などがございましたら、お気軽にコメントやメールでご連絡くださいませ。

 

また、近日中に2016年の業界展望もまとめさせて頂きますので、ご期待くださいませ。


関連記事



他のパチンコブログは
↓コチラから!
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ店・店員へ
にほんブログ村

ご意見・ご質問も歓迎しています。
↓お気軽にご連絡くださいませ↓
レオンにメールする


スポンサーリンク